今は家庭用脱毛器がある ムダ毛の自己処理方法とリスク

家庭用脱毛器で脱毛

ムダ毛を自分で処理してみたい場合は、
できるだけお肌を傷めないように丁寧に行う必要があります。

カミソリなどで剃る場合は、
事前にシェービングフォームを十分につけてお肌への負担を和らげることが大切です。

それでもシェービングすればお肌へのダメージはどうしても避けられないため、
緊急の時以外はなるべく剃ることは避けた方が無難です。
また、いくら剃っても表面に見える毛を処理しているにすぎないので
すぐに同じように再生してくる点もデメリットです。

ローラー式の脱毛器や毛抜きを使ってムダ毛を引き抜いて処理する方法もあります。
カミソリ等で剃った場合に比べてツルツルな状態を若干維持することはできますが、
再生してきたムダ毛が皮膚の中に埋もれてしまう埋没毛になることが少なくありません。

剃った場合よりも肌ダメージが大きくなるケースが多いので、
シェービング同様あまり行わない方が良いでしょう。

ドラッグストア等で入手できる脱毛クリームやワックスを使えば、
剃ったり毛抜きで抜くよりも簡単にムダ毛処理できますが、
やはりお肌に負担がかかるので頻繁に行うのは避けた方が賢明です。

自己処理は自分で気が向いた時に行える上に、
費用も安く済むのでつい頻繁に行ってしまう人は少なくないと思います。

しかし、費用が安いというメリットよりも肌がダメージを受けてしまうデメリットの方が大きく、
お肌本来の美しさを損ねてしまってはムダ毛処理をする意味がありません。
プロの施術とは違って、自己処理を繰り返してもムダ毛が薄くなっていくことはないので、
お肌を傷めてしまうデメリットはどんどん大きくなってしまうでしょう。

こうしたやっかいなムダ毛を安全に脱毛するには、家庭用脱毛器でも良いですし、
サロンやクリニックで施術を受けるのが最も安全で確実な方法です。
自己処理とは違って、プロに施術してもらえば次第にムダ毛が薄く目立たなくなっていきます。
プロの施術を完了させれば自己処理をする必要がほぼなくなるため、
比較的費用はかかってもメリットの大きな方法といえるでしょう。

また、今の家庭用脱毛器は性能が高く、脱毛パワーならエステサロンと同等で、
安全に脱毛できるように作られています。
費用もエステサロンやクリニックに比べ断然に安い。

しかし、安い脱毛器は性能が悪いので、
高性能の脱毛器を購入しなければいけません。
それでもエステサロンだと全身綺麗にムダ毛を脱毛するのは、
50万円以上かかりますが、高性能の脱毛器は7万円です。

但し家庭用脱毛器ではOIラインの脱毛が出来ない?

良い家庭用脱毛器を使えば、脱毛サロンと同等の脱毛ができるとお話しました。

しかし、家庭用脱毛器にもデメリットがあります。

それはI・Oラインの脱毛を推奨していないのです。

誤解のないように申し上げると脱毛器本体の性能の問題ではなく、
安全性を考慮してということです。

脱毛器自体は家庭用も脱毛サロンも同じですが、
I・Oラインは目が届きにくく自分では照射しにくい部位です。

また、I・Oラインは他の部位以上に敏感ですから、
より慎重に脱毛することが必要です。

対して脱毛サロンだとスタッフが照射してくれるので
安全に脱毛してくことが出来ます。

それでも器用な方だと自分でも脱毛出来る事ができますし、
脱毛器の問題で照射できない事はありません。

要するに脱毛しにくい部位ですから、
上手く脱毛できない方も多いので推奨できないという事です。
家庭用脱毛器のVIO脱毛については以下のサイトが参考になりますので、
興味のある方は一度ご覧ください。
<参照サイト>http://datsumouki-ranking.com/vio.html