ムダ毛処理のメリットデメリット|毛抜き

ムダ毛のお手入れは欠かさず行うのがマナーです。
カミソリや毛抜きでの自己処理は費用がかからず、
短時間で済ませられるのが大きなメリットです。

しかし大切なお肌へ負担を与えている事があります。

カミソリを肌へ何度もあてる事で皮膚は擦られ、
過剰な刺激により乾燥肌や敏感肌といった肌荒れの症状が慢性化する人もいます。
常にケア用品の使用が欠かせず、
購入費用が増えていきます。毛抜きを使用する人もいますが、
途中で切れた毛が埋没毛となり、
炎症を起すと跡になる事もあります。

埋没毛を多数見つけた場合は決して無理に取り出そうとせずに
保湿成分のあるクリームやローションを使用します。

更にスクラブケアを優先し、角質を取り除く事で自然に埋もれ毛が解消できる様にします。
炎症等の症状が酷い人は皮膚科での治療が必要となるケースも少なくないです。
カミソリや毛抜きを使用してのムダ毛の自己処理は人によっては費用がかかり、
デメリットとなる事もあります。

ムダ毛が多く、肌の事で悩みを抱えている人は専門家へ相談した方が無難です。

様々な方法がありますが、
美容皮膚科や美容外科で医療レーザー脱毛を受ければ安全にムダ毛を解消する事が可能です。

レーザーは毛根を破壊できる程の威力を持っているので、
永久脱毛の効果があるのが特徴です。

更に対応してくれるのは医師や看護師です。

毛抜き等を使用した長年の自己処理による肌へのダメージで
脱毛する事に躊躇している人にとっては安心できます。

美容皮膚科や美容外科での一回あたりの施術費用は
他の方法よりも若干高めに設定されています。

しかし効果の高さから、通う回数を短縮できるというメリットもあります。

人によっては費用を抑える事も可能です。

美容皮膚科や美容外科では無料のカウンセリング実施しているので、
気軽に相談する事ができます。
どの場所で施術を受けるかで迷った場合は口コミサイトを利用すると便利です。
実際に施術を受けている人の感想や評価を知る事ができるので参考になります。

Continue Reading

ハイジニーナ脱毛は生理中でもできるの?

女性にとって尽きることのない悩み、それはムダ毛ではないでしょうか?
いつでもつるつるキレイな肌でいたい、そう思うのは自然なことです。

女性の気になるムダ毛は腕や脚だけではありません。
背中や指、そして最も気になりかつまわりにも聞きにくい、
チェックすることもできないのがデリケートゾーンです。
そのデリケートゾーンの脱毛がハイジニーナと呼ばれるコース。

ビキニラインと呼ばれる正面から見たときにVの字になっているVライン、
真下から見たときのIライン、ヒップまわりのOラインといった
3箇所の脱毛をまとめてそう呼んでいます。

海外では一般的ですが日本ではまだまだ浸透率も認識も低いもの。

ハイジニーナ=すべてつるつるといったイメージが強いですがそうではなく、
日本では好みにあわせてVラインだけ好きなかたちに残す、
Iラインは薄く少なくする、
といったように自分好みに選ぶことができます。

つるつる、Vだけ残すなど自分のなりたいかたちを決めたらいざ本番です。
脱毛サロンへ。

しかしこんなときにタイミング悪く生理になってしまったら。
でも予約もしてしまっているし、
もしかして何もお手入れできずにキャンセル?
それとも生理中でもお手入れできる?
急に生理になってしまったらパニックでいろいろと考えてしまいますよね。

答えはこうです。

生理中のハイジニーナ脱毛はできません。
お手入れする方も人間ですから、
そちらの身になってみれば分かります。

ただ予約がキャンセルになってしまい、
お手入れできずお金だけ払って終わってしまった、
ということにはなりません。

サロンの方に相談してみたら良いでしょう。

別の日に予約を取ってくれるはずですのでご安心ください。
他のコース、例えば脚の脱毛も一緒に予約していた、
という場合には脚だけその日に行って、また後日予約をとる、
というケースが多いようです。
いずれにせよハイジニーナコースの予約を取る場合は、
自分の生理周期と相談して確実に安全な日を選んだほうがよさそうです。

Continue Reading

脱毛自己処理に関するストレスまとめ

自己処理による脱毛は良いことばかりではありません。
脱毛に関してイライラも少なからずあるのです。

はじめに脱毛効果についてですが、
家庭でのお手入れですとなかなか綺麗な状態に仕上げるのは簡単ではありません。
家庭用の脱毛器もあるものの、家庭用ですと安全性に重点が置かれていますので、
プロが使用する専門機器のような出力はありません。

ですからあまり綺麗には脱毛ができなかったり、
結果的に何度も何度もお手入れをしなければいけないというストレスがあるのです。

手間が掛かってしまうのもストレスのひとつと言えるでしょう。

家庭でのお手入れには限界がありますので完全に脱毛をすることは難しいですし、
先にも述べたように何度もお手入れが必要になってしまいます。
そしてムダ毛への悩みは完全に綺麗になるまではなくらないと言えますので、
やり方次第ではこれからもお手入れの手間を煩わしく感じ続けなければならないことでしょう。

自分でお手入れをすると肌を荒れさせてしまうのもストレスに繋がります。
基本的にどのような脱毛方法でもある程度は肌への負担になってしまいますが、
特に自分でお手入れをする場合ですと
安全と危険の境界線が曖昧になってしまうこともあるものです。

ですからつい無理に脱毛をしてしまって肌を荒れさせてしまったり、
結果的に病院に相談するなどしなければならないという事例も少なくありません。

自己処理をする際のストレスと言えば
お手入れができる範囲が限定されてしまうという点も挙げられます。

自分だけでムダ毛処理をする場合は
根本的にお手入れができる範囲が限られていますので、
見え難い部分ですとあまり上手く処理ができないものです。

無理にやってみても綺麗に仕上げることは難しいですし、
処理残しが発生して見た目もあまり良くない状態に終わってしまうこともあるはずです。
自己処理はちょっとしたムダ毛への対策には良いのですが、
仕上がりを良くしたいのならやはりプロに相談した方が良いでしょう。

Continue Reading

完了までの脱毛回数を調べてみた

脱毛は方法ごとに完了までの回数が異なります。
例えば今最も多くの人に選ばれている方法であるフラッシュ方式とレーザー方式では、
メカニズムこそ似ていますが、完了までにかかる回数は大きく差があります。

一般的にはフラッシュ方式は15回前後、
レーザー方式は5回前後が目安とされていますので、その差は約2倍です。

このように差があるのは、使用される機器の出力に違いがあるためです。

フラッシュ方式とレーザー方式は、
体毛のメラニンという色素に対して熱を生じさせる光、
またはレーザーを照射し、毛根の毛母細胞に熱のダメージを加えて
破壊することでムダ毛が再生しないようにします。

フラッシュ方式とレーザー方式ではレーザーの方が出力の高い機器を使用しているため、
1回の施術で処理できる毛量が多く、
脱毛完了までにかかる回数が少なくなるというわけです。

また、フラッシュ方式とレーザー方式のいずれの場合も、
1回ごとの脱毛は毛周期という毛の生え替わる時期に合わせて行う必要があります。

そのサイクルは2~3ヶ月であり、必ずその時期に合わせて
施術を受けなければ確実な効果を得ることができません。

フラッシュとレーザーは体毛の色素に反応して脱毛作用を発揮しますので、
肌の表面にムダ毛が生えていない状態で施術をしたとしても脱毛効果は十分に発揮されません。

2~3ヶ月ごとに新しい毛が生えてきたタイミングで施術を行うことで
少しずつムダ毛を処理しますので、
完全に脱毛が完了するまでにはこのように複数回の施術が必要になるのです。

2~3ヶ月に1回のペースで施術を行いますので、
合計で必要になる期間はフラッシュ方式の場合は1年半~2年程度、
フラッシュ方式の場合は3年ほどとなります。
できる限り早く脱毛を終わらせたいという人にはレーザー方式の方が適していると言えますが、
ただし出力の高さゆえ、レーザー方式は施術時に生じる痛みもやや強いという点に注意が必要です。

Continue Reading